2009年 10月 22日
イタリア・フランス旅行記 6日目 / 2009年9月23日
長かったイタリア・フランス旅行もいよいよ終わりに近づいてきました。
翌日の朝、パリを発つので今日が実質的な最終日です。

今日は午前中にヴェルサイユ宮殿観光をして、午後は自由時間です。

ヴェルサイユ宮殿はパリ郊外にあります。
バロック建築の代表作で、オーストリアのシェーンブルン宮殿はヴェルサイユ宮殿を参考に作られたとか。
当時、ルイ王朝の別荘だったそうです。
田園地帯を1時間程バスで走りました。

f0178112_16565155.jpg


パリは快晴だったのですか、ヴェルサイユ宮殿に着くと今にも雨が降りそう。
初めてお天気が崩れました。

入り口広場右側。

f0178112_16565894.jpg


入り口左側。
一般観光客がチケットを買っています。
サン・ピエトロ大聖堂でも個人観光客の行列が凄かったです。

f0178112_1657381.jpg


現代的なオブジェ。有名な芸術家の作品らしいのですが、、、似合わないと思います^^;

f0178112_16571248.jpg


今日は水曜日で、フランスは学校がお休みなので、学生も沢山来ていました。

f0178112_16571886.jpg


宮殿の門。金ピカです^^
上にはルイ王朝の家紋の「百合の花の紋章」が輝いていました。

f0178112_16572830.jpg


ヴェルサイユ宮殿は建物もさることながら、庭園が素晴らしいそうなので、まず庭園を見ました。
巨大な感じは伝わるのですが、、、霧が出てしまって、どこまで続くのかわからなくて残念でした。

f0178112_16573543.jpg


綺麗に剪定された庭園と宮殿の一部。

f0178112_16574795.jpg


庭園の中には庭師さん達が手入れをしていました。

f0178112_16575434.jpg


「ラトナの噴水」
どこまで庭園が続くのか、さっぱりわかりません。

f0178112_16581527.jpg


宮殿は巨大過ぎて、どんなに広角で引いてもファインダーに入りません。
いろんなオブジェが飾られています。

f0178112_1658553.jpg


リチャード・ロジャース(Richard Rogers)と書かれています。
レンゾ・ピアノと共同でポンピドゥー・センターを設計した人だそうです。(息子曰く)
日本の安藤忠雄(表参道ヒルズ等で有名)の作品もあるそうです。
それにしても何故建築家の作品なんでしょう?

f0178112_17234654.jpg


庭に面した方の正面を撮ってみました。
これから中に入ります。

f0178112_17235665.jpg


まずは王室礼拝堂。
ロココ文化の超華やかな礼拝堂です。
ルイ16世とマリー・アントワネットの婚礼が行われたそうです。

f0178112_17241562.jpg


ヘラクレスの間。
天井画も絢爛豪華。

f0178112_1724256.jpg


肖像画。
他の人よりちょっと可愛い顔?ですが、誰かわかりませんでした^^;

f0178112_17243448.jpg


ヴィーナスの間(だったかな?)の天井画。
とても混んでいて、ガイドさんの説明が聞き取れません。

f0178112_17244231.jpg


ルイ14世の彫像が置かれていました。
くるくるカールのかつらを広めた人だそうです^^

f0178112_17245280.jpg


バルコニーから見た庭園の一部。

f0178112_1725117.jpg


王家の紋章。
ラピスラズリで出来ているそうです。

f0178112_17251076.jpg


ルイ15世の肖像画。

f0178112_17251968.jpg


王の寝室。
ゴブラン織りで出来ているそうです。

f0178112_17253138.jpg


ルイ15世の肖像画。
当時はイケメンで有名だったとか、、、
部屋ごとに肖像画が飾られています。

f0178112_17254072.jpg


一番有名な鏡の間。
人、人、人でなかなか進みません。
満員電車のようでした^^;

f0178112_1725488.jpg


鏡の間出口。
やっと出た~

f0178112_1726178.jpg


マリーアントワネットの寝室。
全てフランス刺繍(手刺繍)で出来ているそうです。

f0178112_18212852.jpg


当時のシャンデリアが一つだけ残されていました。

f0178112_18213773.jpg


ルーブル美術館にあった「ナポレオン一世の戴冠式」のもう一つの絵です。
左から2番目の娘の服の色がピンクである事が唯一違う部分だそうです。

f0178112_18214741.jpg


正面に出てきました。

f0178112_18323644.jpg


奥の2階が鏡の間です。

f0178112_14525624.jpg


パリに戻って、モンマルトルの丘にランチを食べに行きました。

途中で宝石店が並ぶラ・ペ通りを抜けて、

f0178112_18221561.jpg


ガルニエ宮(現在のオペラ座)を左に見て、

f0178112_18222688.jpg


オペラ座(デ・デカイ!!)

f0178112_18225050.jpg


モンマルトルの丘のふもとに着きました。
有名なサクレ・クール寺院が見えます。

f0178112_1823892.jpg


印象派の画家達が集まった街。
ゆっくり見たかったのですが、バスでランチのお店に直行しました(涙)

f0178112_18232128.jpg


ランチはエスカルゴ。
エスニックな感じのお店に入りました。
店の中から外を撮りました。

f0178112_18233180.jpg


店の中が暗くてピンボケしてますが(汗)、エスカルゴは貝と変わらない味で美味しかったです。

f0178112_1859181.jpg


デザートはタルト・オ・ポム(リンゴのタルト)。
日本のリンゴのタルトよりリンゴが酸っぱくて美味しかったです。

f0178112_18593473.jpg


お店から出た所でモンマルトルの丘を撮りました。
ユトリロの絵に出てきそう!
モンマルトルの丘、もう一度ゆっくり来たいです。

f0178112_18594579.jpg


バスに戻る途中で、面白い車を見つけました。

f0178112_190071.jpg


オペラ座のそばのパリ三越で解散。
いよいよ自由時間です。

パリといえばやっぱりゴシック建築の代表作である世界遺産のノートルダム大聖堂は外せないでしょう!
という事で、まずはノートルダム大聖堂を目指しました。
ガイドさんに聞くと、徒歩でも行けるというので市内観光も兼ねて歩いていく事にしました。

f0178112_1901317.jpg


路地を抜けて右にしばらく行くと、コンコルド広場に出ました。
フランス革命でルイ16世とマリーアントワネットが処刑された場所です。
紅葉が始まっていました。

f0178112_1902355.jpg


コンコルド広場のオベリスクとエッフェル塔を撮りました。
左の女の子のスクーターが可愛いです^^

f0178112_1903619.jpg


テュイルリー庭園とオランジュリー美術館の入口。
憧れのオランジュリー美術館、行きたかったのですが時間が無くて今回は行けませんでした(涙)
また来たいな、、、

f0178112_1905190.jpg


オランジュリー美術館とジュドポーム美術館(写真の美術館)の看板。
行きたかったな~(泣)

f0178112_191466.jpg


すぐにセーヌ川に出ました。
セーヌ川沿いをしばらく歩きました。

f0178112_1911582.jpg


コンコルド橋の対岸にブルボン宮が見えました。
現在、国民議会(Assemblee National 下院)の議事堂です。

f0178112_20334692.jpg


歩道の木橋(レオポール・セダール・サンゴール橋)を渡りました。
橋から上流を撮りました。
コンコルド橋やグラン・パレ(パリ万博会場)が見えます。

f0178112_2034038.jpg


下流を撮りました。
左にルーブル美術館。
右にオルセー美術館が見えます。

f0178112_20342282.jpg


ルーブル美術館とロワイヤル橋。

f0178112_15263862.jpg


橋の上で、絵を売っていました。
プラハのカレル橋でも売っていました。
ヨーロッパではよくある風景でしょうか、、、

f0178112_20343543.jpg


レオポール・セダール・サンゴール橋を渡って川沿いに左に進むと、、、

f0178112_204637.jpg


またまた憧れのオルセー美術館です。
日本に来ると何時間も待たされますが、こちらは平日は空いていて人がいないそうです。
今回はこちらも時間が無くて行けませんでした(涙)
また来たいな、、、(号泣)

f0178112_20463658.jpg


未練がましく、外から何枚も写真を撮りました。

f0178112_20464889.jpg


オルセー美術館はもともとは国鉄の駅舎だったそうです。
PARIS-ORLEANSと書かれています。

f0178112_20565461.jpg


対岸にルーブル美術館が見えてきました。

f0178112_2047191.jpg


ロワイヤル橋とルーブル美術館です。

f0178112_20471219.jpg


鍵屋さん。
可愛い形の鍵が沢山掛かっています^^

f0178112_20472335.jpg


フランス学士院。
17世紀の建物です。

f0178112_20473463.jpg


ポン・ヌフ橋(新しい橋という意味)を渡りました。
パリに現存する最古の橋だそうです。
下流に見えるのはサン・ミシェル橋。
左岸はシテ島です。

f0178112_20474689.jpg


中央にアンリ4世の騎馬像がありました。

f0178112_20475868.jpg


シテ島側からポン・ヌフを撮りました。

f0178112_20481368.jpg


最高裁判所の脇道を通って、、、

f0178112_20482547.jpg


やっとノートルダム大聖堂に着きました!!
のんびり歩いたので、オペラ座から1時間半程かかりました。

f0178112_20483653.jpg


大迫力の建物です!!

f0178112_2049196.jpg


ローマ・カトリック教会の大聖堂でゴシック建築の代表作です。
同じゴシック建築のチェコのプラハ城やウィーンのシュテファン大聖堂は風化して真っ黒でした。
(風化した姿も圧巻でした!)
こちらは修復工事されて外観はとても綺麗になっていました。

f0178112_20491322.jpg


セーヌ川沿いから見たノートルダム寺院。

f0178112_20492698.jpg


ノートルダム寺院内部。
薔薇窓と言われているステンドグラスです。

f0178112_21543387.jpg


礼拝堂。
中はとても暗いので、ステンドグラスが本当に綺麗でした。

f0178112_21544880.jpg


天井がめちゃくちゃ高かったです。

f0178112_2155157.jpg


キャンドルが沢山灯されていました。

f0178112_21551577.jpg


時間が無かったので、塔の展望台に上るのは諦めました(涙)
カー・ルージュ(パリ市内を周る赤い観光バス)に乗ってギャラリー・ラファイエット(百貨店)に行きました。
コンコルド橋を渡る時に、上流のアレクサンドル3世橋が見えました。

f0178112_21553162.jpg


コンコルド広場を抜けた突き当たりにマドレーヌ寺院がありました。
まるでギリシア神殿のようです。

f0178112_2155415.jpg


オールド・イングランドのパリ本店を通って、ギャラリー・ラファイエットでお土産を買いました。
夕食の計画を立てていなかったので、ギャラリー・ラファイエットのフードコートで食べました。
フードコート、バイキング形式でお皿にどれだけ盛っても均一料金でした。
サラダをてんこ盛りに盛って入りきれないので、プラスチックの蓋をしている人もいました^^;

f0178112_21555453.jpg


食事が終わって、再びカー・ルージュでシャンゼリゼ通りへ。
オペラ座の隣にユニクロが開店準備中でした。
10月の初めに開店したとニュースで見ました。

f0178112_2156651.jpg


オペラ座の看板。
一度見てみたいな~

f0178112_22192244.jpg


横から見たオペラ座。

f0178112_22193473.jpg


ヴァンドーム広場に向かっています。
前方にヴァンドーム広場のオベリスクが見えます。

f0178112_22194553.jpg


ヴァンドーム広場のリッツホテル。
ダイアナ妃がこのホテルからパパラッチに追いかけられて亡くなった事で有名になりました。

f0178112_22195750.jpg


マドレーヌ寺院が夕日に照らされて輝いていました。

f0178112_22201137.jpg


いよいよシャンゼリゼ通りに入りました。

f0178112_22202451.jpg


夕日に染まる凱旋門を撮りたかったのですが、バスが揺れて上手く撮れません^^;
後ろでは、「ブラ~ヴォ!ブラ~ヴォ!(イタリア人?)」と観光客が大騒ぎしていました。

f0178112_22203727.jpg


凱旋門で降りると、連れの友人が「カフェに入りた~い!」と言うので、凱旋門のすぐそばの
Publicisdrugstoreでお茶しました。

身長190cmぐらいありそうなイケメンのギャルソンに「ムッシュー?」と言うと、
即座に「マダ~ム?」と言われたので、ちょっとドキドキ♪しながら、
カフェ・ラテ、カトル、シル・ヴ・プレ?(カフェラテ4つください)」と言うと、
カフェ・ウィズ・ミルク?マダ~ム?」と聞かれて「?イエス!」と答えると「ウィ^^」と言って去りました。

後で「カフェ・オ・レ」を「カフェ・ラテ(イタリア語)」と言い間違えた事に気が付いて汗、、、^^;
変な事を言う客だと思ったのか、そのイケメンギャルソンはずっと親切でした。
トイレの場所も親切に教えてくれたり、お会計をしようと思って手を上げたらにっこり笑って
手を振られたり、「ラディション、シル・ヴ・プレ。」と言うと、「I know. マッダ~ム^^
と言われたり、まあ楽しいひと時を過ごしました。

ここのカフェオレが、今回の旅行で飲んだものの中で一番美味しかったです。
カフェオレに付いてきたチョコレートもとても美味しかったのでお土産に買いたかったのですが、
同じものは売っていませんでした。

さて、今回の旅行の最後を締めくくるのは凱旋門の上から見たパリの夜景です。
現在、時刻は夜の8時半。
パリの日の入りは日本よりずっと遅いです。
まずはライトアップされた凱旋門から。
期待が高まります。

f0178112_22205123.jpg


チケットを買って、ひたすら螺旋階段を徒歩で登り続けます。
最後は目が回ってきました^^;

最初の休憩所。

f0178112_2221380.jpg


更に上ります。

f0178112_2321479.jpg


いよいよパリの夜景!
シャンゼリゼ通りが見えます。
右の紫色にライトアップされたカフェがPublicisdrugstoreです。

f0178112_2322842.jpg


こちらは新凱旋門(Grande Arche)方面。
オフィス街らしいです。

f0178112_2324080.jpg


新凱旋門のアップ。
なんとも幻想的で未来的でした。

f0178112_233834.jpg


エッフェル塔のライトアップ。
エッフェル塔は夜はライトアップされていますが、9時と10時の正時に5分間、さらにキラキラ輝くそうです。
これを見たくて、苦労して螺旋階段を登りました。

f0178112_233193.jpg


三日月が出てきて、とても良い感じの雰囲気になりました。

f0178112_2333013.jpg


いよいよ9時になって、輝きだしました。
まるでクリスマスイルミネーションのようで、ため息が出るような眺めでした。

f0178112_2334373.jpg


遅くなると物騒なので、早々にメトロでホテルに帰りました。
ホテルは4号線終点のポルト・ドゥ・オルレアン駅にあるので、結構遠くて疲れました。
夜のメトロは女性にはちょっと怖い感じでした。
特にシャトレで4号線に乗り換えた後は、子連れのジプシーがお金を要求してきたりして困りました。

ホテルに着いて、疲れ切って崩れるように眠りました。
この日の万歩計の歩数は23,000歩!!
いや~、本当に疲れました^^;

帰国後、時差ぼけでフラフラだったり風邪を引いて寝込んだりしましたが、
今思い返すと本当に楽しかった思い出ばかりです。

パリには是非もう一度行ってみたいです♪
次は主人と一緒に行きたいな。
もちろん荷物持ち兼ボディガード役で、、、(殴)

長い間お付き合いくださって、ありがとうございました^^




人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

↑ ランキングに参加しています。よろしければ応援のクリックをお願いします。
[PR]

by jirojirohirohiro | 2009-10-22 00:27 | Travel | by Jirohiro


<< イタリア・フランス旅行記 5日...       スキューバダイビングライセンス... >>