「ほっ」と。キャンペーン
2011年 11月 24日
ドイツ旅行記 2日目 後半
f0178112_1853994.jpg

いよいよケルンの街に着きました。
街中を走る地下鉄兼路面電車のU-Bahn。

f0178112_1853406.jpg

ライン川とホーエンツォレルン橋。
ちょうどケルン中央駅から出てきた新幹線(ICE)が橋を渡っています。

f0178112_18541819.jpg

姿を現したケルン大聖堂。
世界最大のゴシック様式の建築物で、今回の旅行で最も観たかった世界遺産です。


f0178112_19313558.jpg

ピラミッド(146m)より高い(157m)中世の建築物!!
想像以上の大きさに、感動するばかりでした。
砂岩で造られている為、風化すると黒くなるそうです。
風化した黒さが歴史の重さを感じさせます。

f0178112_19314719.jpg

壁面にはびっしりと精密な彫刻が施されています。

f0178112_2051895.jpg

入り口にもびっしりと彫刻されています。
フランスのゴシック建築を模範としているので、入り口の彫刻はパリのノートルダム大聖堂と似ていました。

f0178112_20144292.jpg

大聖堂内部。
まずはろうそくに火を点けてお祈り。

f0178112_20143042.jpg

想像を超える大きさと高さに圧倒されるばかりでした。

f0178112_20145619.jpg

左上には巨大なパイプオルガン。

f0178112_2030582.jpg

右側にはバイエルン王ルードウィヒ1世が奉納した「バイエルン窓」がありました。
巨大な5枚のステンドグラスです。
大きすぎて3枚しか写っていませんね^^;

f0178112_20311465.jpg

こちらは2007年に完成した、ドイツの現代画家の巨匠ゲルハルト・リヒターによるモザイク柄のステンドグラス。
このステンドグラスに関してはイスラムモスクのモザイクを連想させるとかで賛否両論あるそうですが、
私は現代芸術らしくて面白いと思いました。

f0178112_2031266.jpg

一番奥のステンドグラスの手前の祭壇に、「東方三博士の聖遺物」がありました。
新約聖書によると、東方三博士とはキリスト誕生を祝うために贈り物を持って、
星に導かれてベツレヘムのキリストの元へ駆けつけた3人の賢者だそうです。
その遺骨がミラノからケルンへ安置された事から、大聖堂の建立が始まったそうです。
暗い大聖堂の中で、黄金の棺がひときわ輝いていました。

f0178112_203137100.jpg

「ゲロの十字架」。
ヨーロッパ最古の木造のキリスト像だそうです。

f0178112_21281618.jpg

出口から出てきたところ。
出口にも精密な彫刻がびっしりと施されています。

f0178112_21282678.jpg

再び正面の広場に行って、「4711」というオー・デ・コロンを買いました。
画面左の奥の通りに「4711」のお店があります。

f0178112_2152469.jpg

オー・デ・コロンはフランス語で「ケルンの水」という意味で、この「4711」はオー・デ・コロンの元祖です。

f0178112_21352255.jpg

出口の広場を下りるとすぐ「ケルン中央駅」です。

f0178112_212909.jpg

駅前広場は人でいっぱい。

f0178112_21291742.jpg

最後に駅前広場から大聖堂の出口付近を撮りました。
やはり大きすぎて全景は撮れませんでした。

ケルン中央駅から新幹線(ICE)でベルリンに向かいます。

f0178112_2203512.jpg

駅の中にアポテーケ(薬局)がありました。

f0178112_2205613.jpg

薬局の看板には薬学の象徴の聖なる蛇と健康の女神ヒギエイアがその蛇にえさを与えた杯が記されています。
薬学部4年の娘1の雑学より…^^
ドイツの至る所でアポテーケ(薬局)を見かけました。
さすが医学の国ですね。

f0178112_2211177.jpg

美味しそうなパン屋さん。
時間がなくて買えませんでしたが、主人は「プレッツェル」を食べてみたいと言っていました。

f0178112_22132469.jpg

ケルン中央駅のホーム。
ヨーロッパらしい駅です。

f0178112_22135624.jpg

ドーム状の屋根が映画のシーンを彷彿させます。

f0178112_2214518.jpg

新幹線(ICE)がホームに入ってきました。

f0178112_22144222.jpg

ICEの2等車両。
ケルン中央駅からベルリン東駅行と書かれています。

f0178112_22251672.jpg

夕食は列車内でお弁当を食べました。
アルミホイルに入っていたのは「ウィンナーシュニッツェル(日本のとんかつを薄くて大きくしたようなもの)」で、
赤い缶は「ケルシュ」というケルンの地ビールです。
ドイツの料理は全て巨大です。
お腹は空いていたのですが、ボリュームがありすぎて全部食べきれませんでした。

ドイツ人が皆大きいのは食事の量によるかもしれません。
女性でも180cmぐらいは普通です。
私はドイツでは小学生になったような気がしました(笑)

また、ドイツの水道水は日本に比べて石灰分が多いそうです。
娘1は、
「水を飲んだだけでカルシウムと、カルシウムの吸収を良くするマグネシウムが摂れるから、
身長が伸びるんじゃないの?」
と言っていました。

f0178112_2225518.jpg

4時間ほど乗って、ベルリン中央駅に着きました。

f0178112_22261745.jpg

時間が遅かったので、駅のお店はほとんど閉まっていましたが新しくて巨大な駅でした。

長い一日がやっと終わりました。
3日目に続く…



人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

↑ ランキングに参加しています。よろしければ応援のクリックをお願いします。
[PR]

by jirojirohirohiro | 2011-11-24 17:37 | Travel | by Jirohiro


<< ドイツ旅行記 2日目 前半       ドイツ旅行記 3日目 前半 >>