「ほっ」と。キャンペーン
<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

| by Jirohiro
2013年 09月 22日
プーケット旅行記 1日目
f0178112_1714252.jpg


9月18日から20日まで2泊3日でプーケットに行ってきました。

主人が14日~24日までAOW(アドバンスドオープンウォーターダイバー)の
ライセンスを取りにプーケットに行っています。
無事にライセンスも取れたようでめでたしめでたし…(*^^*)

私は現在ダイビングをする体力がないため(T_T)、最初は行くのを諦めていました。
しかし、タイ料理大好きな私としては、
「どうしても本場のタイ料理を食べてみたい!!」
という訳で、貯まったマイルで初めてのタイに行く事にしました。

バンコク乗り換えでプーケットまで一人旅。
帰りも一人旅です。

f0178112_17152839.jpg


まずは成田でエビススタウトを一杯。
まるでおやじです(笑)

f0178112_1717172.jpg


往きはタイ航空でした。
早速タイビールを一杯頂きました。

f0178112_17181397.jpg


機内食はタイのグリーンカレーでした。
スパイシーで美味しかったです。

バンコク乗り換えもスムーズに済んで、夕方プーケットに到着しました。

f0178112_1719918.jpg


主人と合流して、早速初めてのタイの夕ご飯です。
まずはビールで乾杯。
今日1日飲んでばかりです(笑)

f0178112_172424100.jpg


最初は大好きなトム・ヤム・クン。
レモングラス等の香草が沢山入った、海老の辛くて酸っぱいスープで、
タイを代表する料理です。
ポルチーニ茸(ふくろ茸)も沢山入っています。
海老が新鮮でプリプリで最高でした。

f0178112_17294573.jpg


次もタイ料理ではお馴染みのパッタイ。
太めのビーフンで出来たタイ風の焼きそばです。
シーフードのパッタイにしました。
砕いたピーナッツが沢山添えられていました。
これも激うま!!

f0178112_173211100.jpg


最後に海老ののカオオップサッパロ。
パイナップルの器に入った、パイナップル入りピラフです。
プーケット名産のカシューナッツが沢山入っています。
ほのかなパイナップルの甘みがして、とても美味しかったです(*^^*)

食事の後はプーケットで一番の繁華街のパトンを散策しました。

f0178112_1740278.jpg


夜の街の喧騒は凄まじいです。
信号が無いので、人も車もパイクもゴチャゴチャでした。

f0178112_17404954.jpg


ムエタイのチラシを配られたり、

f0178112_17411757.jpg


怪しいショーに誘われたり…
熱気でフラフラになりました。

f0178112_17423151.jpg


仏教国タイでは挨拶する時に手を合わせます。
マクドナルドのドナルドも手を合わせていました(笑)

美味しい料理と刺激的な街を満喫した1日でした。
楽しかった~


2日目に続く…
[PR]

by jirojirohirohiro | 2013-09-22 20:03 | Travel | by Jirohiro
2013年 09月 22日
プーケット旅行記 2日目
f0178112_17473680.jpg


2日目の朝はまずパトンビーチに出かけました。
初めてのインド洋に感激です。

朝早くてビーチには殆ど人がいなかったのですが、
ライフガードの「プー」さんという人が、
「パラセイリングをしない?」
と陽気に日本語で話しかけてきました。
パラセイリングとは、パラグライダーに乗って、
ボートで海の上を凧のように引っ張って飛ぶものです。

以前から興味があったので、
「やってみようか?」
と主人に言うと、主人が、
「絶対に嫌だ!!」
と言うのでやめました(笑)

プーさんから、
「今日の予定は決めているの?」
と聞かれたので、
「観光するつもりです。」
と答えると、
「僕の従兄弟がタクシーの運転手をしてるんだけど、
1日観光に付き合って800バーツ(約2,400円)でどうかな?」
と陽気に言うので、お願いする事にしました。

空港からホテルまで800バーツだったので比べると格安です。
プーさんが従兄弟を電話で呼んでいる間に、
海沿いのホテルのビュッフェで朝食を頂きました。

f0178112_17592614.jpg


朝食後、プーさんの従兄弟の「チャイ」さんという、
タクシードライバーを紹介されました。
チャイさんはタイ語と片言の英語しか話せませんでしたが、
とても穏やかで親切な人柄で、1日最高に楽しく過ごせました。

まずはシャロン寺院に行きました。
プーケットで一番有名で、一番大きなお寺です。
チャイさんも年に2回お参りするそうです。

f0178112_187687.jpg


f0178112_1895196.jpg


入口に正装した女性が立っていました。

f0178112_18104490.jpg


本堂の建物。
ラマ2世時代に暴動を鎮圧して数々の奇跡を起こしたとされる僧侶が祭られています。

f0178112_18131941.jpg


奇跡を起こした僧侶として崇められているルアン・ポー・チャムと
ルアン・ポー・チュアンとその弟子ルアン・ポー・グルアムの3僧のブロンズ像。
お参りする人は、体の悪い所に金箔を貼って回復をお祈りするのだそうです。

ちょっと日本と似ていますね。

f0178112_18181641.jpg


その後仏舎利塔に上りました。

f0178112_1819162.jpg


ブッダの誕生から死までのストーリーが色彩豊かに壁に描かれています。

f0178112_18195354.jpg


2階の仏像。

最上階の3階には釈迦の骨が安置されているそうです。

f0178112_18204351.jpg


最上階からの眺めも良かったです。

次にタイ王室御用達のシルクブランド「ジム・トンプソン」のファクトリーアウトレットに
行きました。
ちょっと分かりにくい所にあるのでチャイさんは知らないらしくて、
電話で人に聞いて連れて行ってくれました。

とても質の良いシルク製品やコットン製品が沢山あって綺麗でした。
お土産をいろいろ買いました。
チャイさんに30分と言って待ってもらったのに、1時間も過ごしてしまいました。
「遅れてごめんなさい。」
と言ったら、にっこり笑って、
「全然大丈夫です。」
と言ってくれました。

「お腹が空いたので眺めの良い所でお昼ご飯を食べたい!」と言うと、
パンガー湾に連れて行ってくれました。

f0178112_18283337.jpg


f0178112_18284945.jpg


湾に面した素敵なレストランで昼食。
鳥のさえずりと波音でとても癒されました。

f0178112_18295727.jpg


タイの揚げ物の盛り合わせ。
おつまみに最高でした。

f0178112_18311032.jpg


f0178112_18314477.jpg


見上げると椰子の木。
日本に帰るのが嫌になるくらいのんびりとした時間でした。

午後はチャイさんおすすめの展望台へ。

f0178112_18331355.jpg


プーケット西海岸のカタビーチ、カロンビーチ、カタノイビーチを一望できます。
海のコバルトブルーのグラデーションがとても綺麗でした。

その後、チャイさんに、
「エレファント・トレッキングをしたい。」
と言って連れて行ってもらいました。

f0178112_18391149.jpg


約45分のトレッキングでした。
50歳の雌の象です。
とてもおとなしくてビックリ。
貴重な体験をしました。

エレファント・トレッキングの後は、鳴き砂で有名な白砂のカロンビーチに行きました。

f0178112_1842720.jpg


浜辺の倒木に座ってビールを飲んでいると、地元の海の家のタイ人が、
海の家に椅子とテーブルを並べて、
「座っていいよ。」
と英語で声を掛けてくれました。

お言葉に甘えて座って飲んでいると、
「どこから来たの?」
と聞かれたので、
「日本からです。」
と答えると、
「日本の津波は大変だったね。」
「プーケットも2004年に地震で大津波にあったよ。
沢山人が死んで、被害が大きくて大変だった。
日本は大丈夫か?」
と尋ねられました。

プーケットの人が日本人に親切なのは、震災に共感してくれるからかもしれません。

f0178112_18544642.jpg


ビーチに立つ巨大な木。
マングローブでしょうか?

f0178112_1856290.jpg


よく鳴く可愛い鳥が沢山いました。
チャイさん曰く、人の声を真似するそうです。
日本の九官鳥みたいな鳥かな?

午後5時にサンセットが綺麗に見える、
「シークレットクリフ」というレストランを予約していたのですが、
1時間半程時間があったので、
タイの伝統的なマッサージをすることにしました。

f0178112_18573996.jpg


うっとりするアロマの香りの中で1時間マッサージしてもらったら、
肩凝りも足のむくみも全部取れて感激しました。
初マッサージの主人も、
「これは病みつきになりそうだ。」
と言っていました(笑)

最後は「シークレットクリフ」レストランでディナー。

f0178112_1925164.jpg


小高い丘の上のレストランでカロンビーチが一望できます。

f0178112_193745.jpg


バーコーナーはいかにも南国の隠れ家といった感じ。

f0178112_1931964.jpg


「トロピカルカクテルの女王」といわれる、ラムベースのカクテルのマイタイを飲みました。
美味しすぎる~!!

f0178112_1983599.jpg


料理はプラカオトッヤムマモウン。
大きな白身魚を2匹揚げたものです。
身がフワフワで美味しかったです。
付け合せは青パパイヤサラダです。
ハラペーニョが入っていたのに気が付かなくて、
めちゃめちゃ辛かったです。

f0178112_19142326.jpg


続いてプーパッポンカリー。
タイ料理の中でも最も人気がある蟹と卵のカレー炒めです。
蟹の身も出汁もたっぷりで、超美味しかったです!!

f0178112_19494532.jpg


最後はヤムシーフード。
ナンプラーとレモンの爽やかなシーフードサラダです。

f0178112_1952931.jpg


調子に乗ってもう一杯「ココアイランダー」というウォッカカクテルを飲みました。
生のココナッツミルクを初めて飲みましたが、とても美味しかったです!!

f0178112_20534971.jpg


チャイさんを随分お待たせして、ホテルに帰りました。
この日はプーさんの誕生日だったらしくて、
そのままサプライズケーキを買ってパーティーをするんだと言っていました。
お世話になったチャイさんと記念写真を撮ってお別れしました。

ホテルで一休みして、再びパトンの夜の街に出かけました。

f0178112_1958176.jpg


ジャンクセイロンという巨大ショッピングモールを歩き回っていると、
日本料理屋を見つけました。
メニューのウインドウディスプレイが面白かったのパチリ。

f0178112_19595466.jpg


「FUJI BENTO SET WITH CHAWAN MUSHI」と書いてあります。

f0178112_201636.jpg


こちらは「IKA MARU YAKI」(笑)
両方で590バーツです。
初日のタイ料理がトムヤムクンとパッタイとカオオップサッパロ
(どれも2人前ぐらいの量です)とシンハービールジョッキ2杯で500バーツだったので、
日本食は現地では高いですね。


f0178112_2022150.jpg


ロシアのチェブラーシカに似た巨大お人形。

f0178112_2031286.jpg


最後にアイリッシュ・パブでギネスビールを飲みました。

食べて飲んで遊んで、超盛りだくさんな1日でした。
プーケット最高です!!
これで海に潜れたらもっと楽しかっただろうなあ…
幸せな気分でホテルで爆睡しました。

3日目に続く…
[PR]

by jirojirohirohiro | 2013-09-22 20:02 | Travel | by Jirohiro
2013年 09月 22日
プーケット旅行記 3日目
今日の夕方の便で帰ります。
あっという間の3日間でした。

昨日の暴飲暴食が祟って、主人は朝からお腹を壊していました。
とても出かけられそうにないので、とりあえず薬局で薬剤師さんから薬を買って、
主人をホテルに残して私一人で街中を散策することにしました。

f0178112_209269.jpg


パトンビーチの街並み。
南アジア特有のゴチャゴチャ感です。

f0178112_2011246.jpg


ジャンクセイロンで「HARNN」のアロマオイルを買いました。

f0178112_20115631.jpg


地元の市場にも行きました。
魚屋さんを見たり、

f0178112_20121539.jpg


野菜屋さんを見たり、

f0178112_20122996.jpg


調味料屋さんを見たり、

f0178112_20124143.jpg


立ち食い食堂?お総菜屋さん?を眺めたりしました。


f0178112_20142927.jpg


ムエタイ(タイのボクシング)のスタジアムです。
ムエタイも見たかったな…

f0178112_20154075.jpg


お昼はジャンクセイロンの中の「オ・ボン・パン」というパン屋さんで食べました。
私以外は全員西洋人でした。

f0178112_20163763.jpg


主人の事も心配だし、独りで食べても食欲ないな…
と思いながらひと口かじったら、
「あら!!美味しい!!」
パリッと焼かれたオニオンベーグルに、スモークサーモンと美味しいソースが良く合う。
一気に食べてしまいました。
うっかりアメリカンアイスコーヒーも飲んでしまって気が付いたのですが、
ベトナムで氷入りのアイスコーヒーを飲んで、
帰国後急性腸炎に罹ってひどい目にあったのを思い出しました。

潜伏期間が3日~5日あるので、これからちょっと心配です。
何もなければ、タイはOK!!ってことですね(笑)

昼食から戻ってきたら、主人が少し元気になっていて一安心。
やっぱり単なる暴飲暴食が原因だったみたいです(笑)


f0178112_20231772.jpg


まだプーケットに残る夫と別れて、バンコクのスワンナプーム国際空港に向かいました。

f0178112_20251631.jpg


スワンナプーム国際空港は巨大な空港です。
ここでトランジット待ちが6時間もあります。

f0178112_2027022.jpg


まずは夕食を、という事で最後にトムヤムヌードルを食べました。
私以外は何故かインドやイスラム系のおっさんばかり。
またもやおやじになった気分で、ビールと共に美味しく頂きました(笑)

空港のソファで仮眠して、夜11時55分に成田便が出発しました。

f0178112_20291780.jpg


出発ゲートです。

短い旅行でしたが、食いしん坊な私には美味しい物ばかりで最高に楽しかったです。

「今度はジンベイザメを見に潜ろう!!」
という夫からの調子の良いメールを見て、
「本当に大丈夫なのか?」
と思いつつタイを後にしました。

また絶対来るぞ!!
[PR]

by jirojirohirohiro | 2013-09-22 20:01 | Travel | by Jirohiro