「ほっ」と。キャンペーン
タグ:IXY DIGITAL 910IS ( 4 ) タグの人気記事

| by Jirohiro
2009年 09月 04日
スキューバダイビングライセンス取得記 in Saipan その2
ダイビング2日目。
いよいよ本格的?に潜ります。
今日の1本目はラウラウビーチ(Laulau Beach)。
透明度10m。快晴です。
エントリーするまでは、緊張で全く撮影できませんでした^^;
エントリーしてすぐに、トゲチョウチョウウオがお出迎え。

f0178112_13461463.jpg


珊瑚の中から出てきたセナキルリススメダイ。

f0178112_13494564.jpg


お出迎えの魚だらけで大興奮!!
イケメンのインストラクターのArtさんがカクレクマノミ(ニモ)やカサゴの仲間を教えてくれました。
下の黒い魚は名前が分かりませんでした。

f0178112_13542541.jpg


ツユベラ(左)とクマドリ(右)

f0178112_13584076.jpg


海底の広い場所で残圧計を確認して帰りました。
あっという間に1本目が終わりました。
イグジットの後、インストラクターのYosukeさんから、鼻血が出ていると指摘されて一気に凹みました^^;

2本目。
オブジャンビーチ(Obyan Beach)。
透明度が高く海底が真っ白な砂なので、水中がとても明るい人気のビーチです。
Laulau Beach 同様、エントリーまでは写真を撮る余裕がありませんでした^^;

8/31の透明度は25m。
上を見上げると太陽が差し込んで息を飲む美しさでした。


f0178112_14113024.jpg


他のダイバーさん達の吐く息の泡がキラキラ輝いています。

f0178112_14124872.jpg


私も海底に寝そべって、太陽の差し込む方向に息を吐いてみました。

f0178112_14143475.jpg


この後、しばらく海底散歩。
人懐こいトカラベラ。すぐ傍まで寄ってきます。

f0178112_14192388.jpg


シロタスキベラ。

f0178112_14194474.jpg


トカラベラ。

f0178112_14201282.jpg


シロタスキベラ。

f0178112_14202769.jpg


ツユベラ。

f0178112_1420519.jpg


名残惜しい気持ちで2本目が終了しました。
イグジットしたら、マスクの中に鼻血が入っていて再び凹みました^^;

ダイビングショップに戻った後、ログブックに記録してライセンスの取得式。
無事に取得できました~^^♪

晴れてオープンウォーターダイバーになったので、ファンダイブが出来るようになりました。
午後は希望者のみダイバー憧れのGrotto(洞穴)に行く事になりました。
サイパンのGrottoはパラオに次ぐ世界第2位のケーブ(洞窟)ダイビングポイント。

私は行きたい気持ちは山々だったのですが、毎回耳抜きに問題があって鼻血が出るのが心配でした。
インストラクターのYosukeさんに相談すると、うまく耳抜きするコツを教えてくれた上に、
100回潜って100回鼻血が出る体質の人もいるので、鼻血は基本的に心配ないとのことでした。

そして特別に私たち家族3人に専属の現地インストラクター(Kompekさん)を付けてくれるということで、
思い切って挑戦することにしました。

f0178112_14401617.jpg


実際のGrottoを見てビックリ!!
写真の崖の上に見えるのは、外洋(太平洋)です。
エントリーポイント(右下)は結構波が強そうで、こんな所に潜ることが出来るのかちょっと不安になりました。

f0178112_14424472.jpg


Grottoへの降り口。
116段の急な階段を下りなければエントリー出来ません。

f0178112_1448083.jpg


私の不安そうな顔を見たのか、Kompekさんが「ママのタンクは持ってあげるよ!!」と言って
軽々とタンク(15kg程度?)を担いで降りてくれました。
Kompekさんには、その後も数え切れない程、親切にして頂きました。
無事にGrottoダイブが出来たのは、殆どKompekさんのお陰です。
ちなみにKompekさんはその日3本目のGrottoダイブで、2本目では35m程潜ったそうです。

Grottoの中は想像を絶する美しさでしたが、水深15m近く潜ったのでカメラが全く動かなくなって
撮ることが出来ませんでした。
唯一、なんとなく雰囲気が取れたのが下の写真です。
うっすらと奥に外洋が見えています。

f0178112_15191398.jpg


イグジット直前に上昇してきたら、カメラが動き始めました。
青い海が本当に美しかった!!

f0178112_15122617.jpg


洞窟の入り口から光が射しています。
約40分間のダイブでしたが、あっという間に時間が経ちました。
イグジットしたら、スコールが降っていました。
快晴なら透明度が高くてもっと綺麗なんだろうな。
今回は耳抜きも上手くいって、鼻血も出ていませんでした~♪

f0178112_15123691.jpg


帰りもKompekさんがタンクを担いで116段の階段を上ってくれました。
感謝しきれない程お世話になりました。
現地ではタンクポーターの仕事があるそうで、グロット往復20$だそうです。
「そんなつもりで運んだんじゃない!! 気にしないで。 お礼なんか要らない!!」
というKompekさんに、無理やりポーター代を渡して帰りました。
ありがとう!! Kompekさん。

ホテルに着いたのが午後6:00頃。
ホテルの傍のハファダイ・デリ・カフェ(Hafadai Deli Cafe)でディナーセットを食べました。

f0178112_15124932.jpg


お腹が空いていたせいか、本当に美味しかったです。
ビーフンや春巻きやチャモロ料理やカレーやチキンやポークやマトンやビーフ等いろいろ選べて大満足。
前日の夕食が1人約30$だったのですが、こちらは約6$。
「これからは毎回ここで良いね!!」と話しました。
娘はスプライトの缶と同じ大きさのタバスコに興味津々。
アメリカサイズですね。

f0178112_1513189.jpg


食後はガラパン地区をブラブラして、ホテルで乾杯して早々に寝ました。
疲れたけど楽しかった~~^^

今回2日間、お世話になったダイビングショップのリンクを貼っておきます。
サイパンのダイビングでは、おすすめのダイビングショップです^^
お世話になったYosukeさん、Kompekさん、イケメンのArtさん(娘と同い年)の顔写真が載っています。

ダイビングショップ 「Pastime」

3日目に続く、、、



人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログへ

↑ ランキングに参加しています。よろしければ応援のクリックをお願いします。
[PR]

by jirojirohirohiro | 2009-09-04 17:31 | Travel | by Jirohiro
2009年 09月 04日
スキューバダイビングライセンス取得記 in Saipan その1
8/29~9/2まで、サイパンにスキューバダイビングライセンスを取りに行きました。
今回取った資格は 「PADI OPENWATER LICENSE」 という世界共通のLICENSEで、
水深18mまでなら、世界中どこでもダイビングが出来るというものです。

20年以上前にハワイで体験ダイビングをして以来、ダイビングライセンスを取るのが夢でした。
上の娘が小さい頃から水泳が大好きで(現在大学の水泳部所属)、「将来ライセンスを取るなら一緒に取ろうね!」と話していたので、
今回思い切って挑戦することにしました。
直前で主人も参加することになり、親子3人の旅行になりました。

まず送られてきたのが教科書です。

f0178112_11122613.jpg


250ページもあるマニュアルを、学科講習までにマスターしていかなければ講習が受けられないとか。
昔から嫌な事は後回しにする性格なので、ラスト3日間でヒーヒー言いながらなんとか終わりました。

出発の約1週間前に地元のダイビングショップで4時間程度学科講習を受け、
続いて試験を受けて学課の認定を修了しました。

出発までにマスクやグローブやラッシュガードやスノーケルを購入。
カメラは最初は「水中用写るんです」を買う予定でしたが、水深10mまでしか使えないことがわかって
大慌てで簡易防水パックを購入しました。

f0178112_1122998.jpg


「こんな物で水深18mまで潜れるの?」とかなり疑心暗鬼でしたが、そこそこの写真が撮れたと思います。


8/29
いよいよ出発。
ノースウェスト航空の20:30発の最終便で、到着が8/30の深夜1:30でした。

遅い夕食(機内食)

f0178112_11305934.jpg


かぼちゃのサラダとふんわりチーズケーキ(笑)以外は完全な和食でした。

ホテルはサイパンの中心街のガラパン地区にあるハファダイビーチホテル。
クリスタルタワーの9階でした。
ホテルに着いたのは8/30の深夜3時前で、翌日のピックアップが7:30です。
確か書店で買ったサイパンのガイドブックには、
「飛行機で到着した当日や睡眠不足のダイビングは避けるように」と書いてあったはず。
もう大慌てで寝ました!!^^;

6:30にアラームが鳴ってカーテンを開けたら、まあまあ良い天気で一気にテンションが上がりました。
ホテルの窓からの眺め。
左奥の水平線が少し盛り上がっている場所は「テニアン島」です。

f0178112_11432490.jpg


支度をしてロビーに下りたら、プルメリアが良い香りでお出迎え。

f0178112_11445667.jpg


とてもユニークな像もお出迎え。

f0178112_11484051.jpg


現地のドライバーさんに連れられて、「Pastime」というダイビングショップに行きました。
このダイビングショップは House Beach があるので、プール講習はビーチで行いました。
House Beach の眺め。

f0178112_11542430.jpg


眺めはとても美しいのですが、中はナマコと海綿のパラダイス。
フィンを付けていなかったら、海底がグニョグニョで早速リタイアしていたと思います(笑)

f0178112_11562076.jpg


ナマコビーチの水中で、マスクの付け外しや酸素がなくなった感覚や酸素切れのサインの練習や
レギュレーターに水が入った時の対処法やその他さまざまな講習を受けて1回目のダイビングが終了しました。
続いて、約30分間自由にナマコビーチをダイビング散歩して2回目のダイビングが終了。
初日の講習が終わってお弁当を食べてホテルに戻りました。

夕食の時間まで4時間程度あったので、DFS や Hard Rock Cafe でお土産を買ったり、
ホテルのプライベートビーチをのんびり散策しました。
ホテルにはプールが付いているので、ビーチには人が全くいませんでした。
翌日もダイビングが待っているので、流石に泳ぎませんでしたが、
「こんなに綺麗な海で泳がないなんてもったいないな、、、」と思いました。

f0178112_12131243.jpg


夕食は予約していた「Moby Dick」というシーフードのお店に行きました。
クラムチャウダー(3$)がとても美味しくて、おかわりしたい程でした^^
写真はスチームロブスター。

f0178112_12133481.jpg


食後はホテルの周りのお店をブラブラして、翌日に備えて22:00頃就寝しました。

2日目に続く、、、



人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログへ

↑ ランキングに参加しています。よろしければ応援のクリックをお願いします。
[PR]

by jirojirohirohiro | 2009-09-04 17:31 | Travel | by Jirohiro
2009年 09月 04日
スキューバダイビングライセンス取得記 in Saipan その3
9/1。
飛行機が翌朝6:30発なので、この日が実際の最終日。
ホテルの部屋の窓の外は生憎の雨でした。

f0178112_1555183.jpg


f0178112_15551815.jpg


午前中は半日観光でした。
「サイパンダ」バスに乗って島内を周ります。

f0178112_1556689.jpg


最初に向かったのが「バンザイ・クリフ(万歳崖)」。
太平洋戦争末期、アメリカ軍上陸により北へ北へと追い込まれて逃げ場を失った日本兵と日本の民間人が、
「生きて虜囚の辱めを受けず」と身を投げた場所です。
子供を抱いて嫌がる母親を日本兵が突き落としたそうです。

f0178112_15554880.jpg


岸壁には沢山の鎮魂碑が立っていました。

f0178112_15553321.jpg


白い雲が立ち上っている方角が日本だそうです。

f0178112_15562650.jpg


「バンザイ・クリフ」から後ろを仰ぐと「スーサイド・クリフ(自殺崖)」が見えます。
現地ではマッピ山というそうです。
同じく日本兵と日本の民間人が身を投げた崖です。

f0178112_1611587.jpg


最北端から少し東側に「Last Command Post (日本軍最後の指令部)」があります。
殆どの日本司令部は戦後にアメリカ軍が全て壊して無くしてしまったそうですが、
サイパンは残されたままになっている数少ない跡地だそうです。
無数の弾丸の跡が残っています。

f0178112_15565016.jpg


f0178112_1557685.jpg


f0178112_15572891.jpg


司令部入り口。
自然の岩を利用して作った要塞で、当時の日本の高い建築技術が推し量れるそうです。
内部には直撃弾による大きな穴があいています。

f0178112_15574543.jpg


日本統治時代、サイパンは畑作や稲作が盛んだったそうです。
敗戦後の焼け野が原に、アメリカ軍が土砂崩れ防止に全土に豆の種を撒いたため、
豆の根がはって他の作物を植えられなくなり、ジャングル化してしまいました。
日本の民間人が住んでいた地域は「全員自殺」という恐ろしい過去を持つ地域となり、
現地のチャモロ人が寄り付かず、サイパンは観光しか財源がなくなってしまいました。
近年、日本からの観光客は殆どグアムに取られてしまって、サイパンは人口も減って寂れる一方だそうです。
美しい海と珊瑚礁と自然に囲まれた島が滅びてしまうのは、悲しい気がしました。

下は「Bird Island」
石灰岩で出来た海鳥の楽園です。

f0178112_1558180.jpg


PauPau Beach。
サイパンで最も美しいビーチでしたが、何年か前の台風で珊瑚礁が削られて
珊瑚礁の死骸が打ち上げられたビーチになってしまいました。
下は海面だけを撮りましたが、想像を絶する透明度の高さでした。
雲が海面に映っています。

f0178112_15582123.jpg


午後、再びホテルのプライベートビーチを散策しました。
相変わらず閑散とした、誰もいない海でした。

f0178112_15583552.jpg


夜は予約していたディナーショーを見て、ガラパン地区をブラブラして寝ました。
午前3:30ピックアップだったので、2:30に起きました。
帰りの機内から見た太平洋。

f0178112_16584092.jpg


成田に到着。
小さな飛行機です。

f0178112_16593657.jpg


とても楽しくて内容の濃い旅でした。
帰った後も、頭の中はずっと海の事ばかりです。
あぁ、、、また潜りに行きたいな、、、



人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログへ

↑ ランキングに参加しています。よろしければ応援のクリックをお願いします。
[PR]

by jirojirohirohiro | 2009-09-04 17:30 | Travel | by Jirohiro
2008年 12月 15日
恵比寿ガーデンプレイス
f0178112_11242483.jpg



コンデジで撮りました。
寒かった~^^


人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログへ

↑ ランキングに参加しています。よろしければ応援のクリックをお願いします。
[PR]

by jirojirohirohiro | 2008-12-15 11:27 | etc. | by Jirohiro