2010年 05月 28日
ベトナム・カンボジア旅行  アンコール遺跡群編  その3
スコールが止んで、念願の「アンコール・ワット」に行きました。

「アンコール・ワット」のアンコールは「大きな」、ワットは「寺院」の意味です。
ヒンドゥー教の神であるヴィシュヌ神を祀る寺院として、また王の墳墓として建てられました。
すべて石造りで左右対称の巨大な寺院は、クメール建築の最高傑作といわれています。

想像以上の大きさに、ため息の連続でした。

東西1.5km、幅200mのお堀を過ぎると、西の塔門に着きます。
当時は塔門も全て尖がった形をしていましたが、現在は崩れてしまっています。

f0178112_2038976.jpg


塔門の柱には、カンボジア戦争の砲弾の傷跡が残っています。
アンコール遺跡群は6割が自然の樹木によって、3割が戦争によって、1割が泥棒に壊されたそうです。

f0178112_20383812.jpg


西の塔門を入るとすぐに、ヒンドゥー教の「ヴィシュヌ神(宇宙を維持する神)」の像がありました。
「ヴィシュヌ神」は瞑想する時は腕が8本になり、戦う時は腕が4本になるとか。

f0178112_20393016.jpg


「ヴィシュヌ神」の妻、「ラクシュミー」の像。
頭は盗まれて無くなっていました。

f0178112_20403780.jpg


塔門の回廊を内側から見たところ。

f0178112_2041821.jpg


塔門を超えると参道が続いています。
若いお坊さんが参道を暑そうに歩いていました。

f0178112_20414553.jpg


参道の手すり(欄干)は蛇神ナーガの胴体です。

f0178112_2042158.jpg


アンコール周辺でよく見かけた赤い花の樹。

f0178112_20423936.jpg


直前にスコールが降ったお陰で、寺院の姿が水面に映っていました。

f0178112_20431524.jpg


第1回廊を通り抜けて十字回廊に入りました。
十字回廊脇には当時の沐浴場がありました。

f0178112_20435186.jpg


中庭から見た中央祠堂。

f0178112_20443757.jpg


中央祠堂に上る階段は凄い急勾配です。
ガイドさんによると神々が君臨する天国(中央祠堂)に上るには、人間にも努力が必要だからとか。


中庭から見た第1回廊の内側の壁のレリーフ。
連子窓や「デヴァター像(女神像)」がありました。

f0178112_2045193.jpg


中庭を抜けた東側に、第3回廊に上る手すり付きの階段が造られていました。
手すりがあっても息が切れました^^;

f0178112_20455651.jpg


第3回廊から見た中央の尖塔。

f0178112_20463020.jpg


尖塔の全面に細かいレリーフが施されています。

f0178112_20465932.jpg


尖塔の「デヴァター」のレリーフを拡大したところ。

f0178112_20472695.jpg


第3回廊内の「デヴァター像」。

f0178112_20475353.jpg


第3回廊の連子窓から外を眺めたところ。

f0178112_20482380.jpg


第3回廊から入口正面を望んだところ。
遠くに西の塔門が見えます。

f0178112_20485188.jpg


第3回廊内の仏像。
頭が盗まれてしまっています。

f0178112_20495040.jpg


中央尖塔のデヴァター像。
当時のレリーフは全て着色されていたそうです。

f0178112_20503686.jpg


拡大すると、赤い漆が塗られているのが分かります。

f0178112_20511683.jpg


第3回廊の美しい「デヴァター像」。
昔から一度見てみたいと思っていたので、デヴァター達に囲まれて本当に幸せな気分でした^^

f0178112_20515751.jpg


中庭にガイドさんを待たせていたので、後ろ髪を引かれる思いで第3回廊を後にしました。
もう少しのんびりしたかったなあ!!


再び第1回廊に戻って、壁のレリーフの説明を聞きました。
最初は回廊北側のレリーフです。

「アンコール・ワット」を造った「スーリヤヴァルマン2世」の行軍の様子が細かく彫られています。

f0178112_2052345.jpg


象に乗っているのが「スーリヤヴァルマン2世」です。

f0178112_20531949.jpg


一部、カンボジア戦争の爆撃によってレリーフが壊されていました。

f0178112_20534762.jpg


王座に座り指示をする「スーリヤヴァルマン2世」。

f0178112_20543189.jpg


西側には伝説「マハーバーラタ」の物語が細かく彫刻されています。

f0178112_20545767.jpg


第1回廊は2重になっていて、外側にもう1つの回廊があります。

f0178112_20554246.jpg


帰りに西の塔門から再び内側を撮りました。

f0178112_20561694.jpg


「アンコール・ワット」を出たのは、午後5時頃でした。


これから「プノン・バケン」というアンコール三聖山の1つにある丘上式寺院に車で向かいます。


山のふもとで車を降りて、歩いて20分程登ります。
やっと寺院の上り口に着きました。

f0178112_20564926.jpg


約1km先に「アンコール・ワット」が見えます。
夕日が綺麗な日は「アンコール・ワット」が黄金に輝いて見えるそうです。

f0178112_20571630.jpg


周囲は一面の密林地帯です。

f0178112_20574229.jpg


お坊さんも夕日を見ていました。

f0178112_2058662.jpg


あいにくの曇り空でしたが、遠方に大規模な貯水池の「西バライ」が光っていてとても幻想的でした。
「西バライ」はアンコール王朝時代から現在までずっと使用されています。

f0178112_20583249.jpg


夕食はアプサラディナーショーでした。
「アプサラ舞踊」はアンコール終王朝時代に生まれたとされる古典舞踊です。

f0178112_2101273.jpg


「アプサラス(天女)」の衣装を着て、蛇や鳥を模したダンスをします。

f0178112_21044100.jpg


ポル・ポト時代にアプサラ舞踊家はほとんど虐殺されてしまいました。
生き残った舞踊家が再興を期して若い舞踊家を育てているそうです。

この日の万歩計は約18,000歩でした。
車の移動が多かったのですが、やはり歩き回って疲れました…


翌日(最終日)は5時から「アンコール・ワット」の朝日を観に行って、「バンテアイ・スレイ」と「ベンメリア」を観光します。



人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログへ

↑ ランキングに参加しています。よろしければ応援のクリックをお願いします。
[PR]

by jirojirohirohiro | 2010-05-28 22:34 | Travel | by Jirohiro


<< ベトナム・カンボジア旅行  ア...       ベトナム・カンボジア旅行  ア... >>