2010年 05月 28日
ベトナム・カンボジア旅行記  アンコール遺跡群  その2
2番目に行った遺跡は「タ・プローム」です。

「タ・プローム」に向かう車の中で、謎の遺跡を見つけました。
ガイドさんに聞くと「タ・ケウ」という遺跡だそうです。

f0178112_20175167.jpg


「ジャヤヴァルマン5世」が10世紀に着工した遺跡で、内戦と王の死によって未完のまま放置されました。
石造りではなく、赤土のレンガで造っていたため壁が脆くて彫刻が施せなかったそうです。


車を降りてジャングルを少し歩くと「タ・プローム」に着きました。

「タ・プローム」は「ジャヤバルマン7世」が母のために建てた仏教寺院です。
この遺跡は長年放置され、ジャングルの樹木「スポアン(ガジュマルの一種)」が絡みつき、
成長するに従って遺跡を完全に覆い尽くしてしまいました。
遺跡は発見当初の姿に近い状態で見ることが出来ます。

第1回廊
「ジャヤヴァルマン7世」の死後、回廊のレリーフの仏像は「アンコール・トム」と同じく壊された後があります。

f0178112_20185722.jpg


スポアン(溶樹)の根が巨大化して、回廊の石を壊しています。

f0178112_20201451.jpg


娘が「アンパンマン」と言って撮った写真。
蓮の花のレリーフだそうです。

f0178112_2021540.jpg


エイリアンが巨大な寺院を丸ごと飲み込んでいるようです。

f0178112_20213731.jpg


中央祠堂の周辺に残る「デヴァター(女神)」の像。

f0178112_20221055.jpg


スポアンの樹は余りにも大きくて、ファインダーに入りません。
葉の部分に、大きなススメバチ?の巣がぶら下がっている樹もありました。

f0178112_20224235.jpg


回廊を押しつぶしてしまったスポアン。

f0178112_20231723.jpg


裏から見ると、根が大蛇のように伸びていました。

f0178112_2023436.jpg


ガイドさんに私達2人を撮ってもらいました。
根っこの大きさが分かると思います。

f0178112_20243096.jpg


第2回廊に、樹の根に囲まれてしまったデヴァターがありました。
不思議な光景でした。

f0178112_2025378.jpg


この樹は2本が絡み合って1本になったもの。
溶樹という言葉がピッタリ。
映画「トゥーム・レイダー」のロケをやったそうです。

f0178112_20255389.jpg


中央祠堂の内部の石は無数の穴があいていました。
当時は宝石が埋め込まれていたそうですが、全て盗まれてしまったそうです。

f0178112_20265058.jpg


中央祠堂で遊ぶ現地の子供。
アンコールの遺跡は学校へ通えない貧しい子供たちの遊び場になっていました。

f0178112_20271350.jpg


「タ・プローム」を後にして、やっと昼食^^
「カフェ・モイモイ」という、日本人の建築デザイナーが経営する和風?カンボジア料理のお店に行きました。

f0178112_20283941.jpg


化学調味料を使っていないそうで、とても食べやすくて美味しかったです。
ヤシの葉で出来た器が可愛い、と娘と話しながら食べました。

f0178112_20291362.jpg


珍しかったのは、生の胡椒。
緑のつぶつぶのプチプチした歯ごたえととても刺激的な辛さが気に入りました。

f0178112_2029444.jpg


昼食後、突然スコールが降り始めました。
一旦ホテルで待機して、午後3時から「アンコール・ワット」観光に行く事になりました。


スコールの直前に撮ったプルメリアの花。
現地では「チャンポイ」と呼ぶそうです。

f0178112_2030366.jpg


ホテルに駆け込むや否や、物凄い稲妻と雷の音と雨と風で、まるで大型の台風のような状態になりました。
一時はどうなる事かと思いましたが、1時間程度でスコールはすっかり止んで、
再び蒸し暑いギラギラした太陽が照りつける天気に戻りました。


3時からは念願の「アンコール・ワット」観光です。



人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログへ

↑ ランキングに参加しています。よろしければ応援のクリックをお願いします。
[PR]

by jirojirohirohiro | 2010-05-28 22:34 | Travel | by Jirohiro


<< ベトナム・カンボジア旅行  ア...       ベトナム・カンボジア旅行  ア... >>