2011年 11月 24日
ドイツ旅行記 6日目
f0178112_15133969.jpg

ドイツ観光最終日は朝から快晴で11月なのに暑いくらいでした。
アルプ湖畔からのアルプス山脈の眺め。

f0178112_15134966.jpg

「ノイシュヴァンシュタイン城」の山の麓に「ホーエンシュヴァンガウ城」があります。
「ホーエンシュヴァンガウ城」は、「ノイシュヴァンシュタイン城」を造ったバイエルン王「ルートヴィヒ2世」の
父である「マクシミリアン2世」が息子の為に造ったお城です。
「ルートヴィヒ2世」は幼少期をこのお城で過ごしました。

「シュヴァン」というのはドイツ語で白鳥の意味で「シュヴァンガウ」は白鳥の里という意味です。

f0178112_15135242.jpg

「ホーエンシュヴァンガウ城」の屋根には白鳥の像があります。
内部は中世騎士物語の壁画などが描かれており、「ルートヴィヒ2世」の人格形成に大きな影響を与えたと
考えられています。

「ノイシュヴァンシュタイン城」にはシャトルバスで上りました。

f0178112_151455.jpg

シャトルバス降り場すぐそばの「マリエン橋」から見た「ノイシュヴァンシュタイン城」です。
お天気が良すぎて、眩しかったです。
添乗員さんも、
「13年間添乗していて、ノイシュヴァンシュタイン城がこんなに良いお天気だったのは初めてです。」
と言っていました。

「ノイシュヴァンシュタイン城」は「ノイ=新しい」「シュヴァン=白鳥」「シュタイン=城」、
つまり「新しい白鳥の城」という意味です。
ちなみに「ノインシュヴァインシュタイン城」と言ってしまうと「ノイン=9」「シュヴァイン=豚」になって、
「9匹の豚の城」という意味になるので注意(笑)

f0178112_1514966.jpg

「ルートヴィヒ2世」は、父の「マクシミリアン2世」の死後、18歳で即位しました。
「ノイシュヴァンシュタイン城」は、以来ずっとファンタジーを愛し続けた王の夢が全て詰まったお城でした。

この城の建設に莫大な金額をつぎ込んだことよってバイエルン王国は恐慌状態となり、
1886年に「ルートヴィヒ2世」は41歳で臣下達に逮捕・廃位され、翌日医師と共にシュタンベルク湖で
謎の死を遂げました。
建設中にわずか172日間だけ居城しましたが、完成をその目で見ることはなく、
王の死後は未完成のまま城の建設も中止になり、玉座に座ることも出来ませんでした。

希代の美青年王として国民からの人気も高かった「ルートヴィヒ2世」は、ワーグナーへの傾倒や
ゲイによる婚約破棄や国費をつぎ込んでの築城などの奇行に走り、最後は「狂王」と呼ばれて
波乱万丈の人生を閉じましたが、王の夢の結晶の「白鳥城」は今も人々に愛されています。

ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなったお城です。

f0178112_1514238.jpg

「マリエン橋」からお城まで、しばらく山道を歩きました。

f0178112_15142966.jpg

「ノイシュヴァンシュタイン城」からは王の故郷の「ホーエンシュヴァンガウ城」が見えます。

f0178112_15144123.jpg

山道から見た「ホーエンシュヴァンガウ城」。

f0178112_15144546.jpg

「ノイシュヴァンシュタイン城」近景。

f0178112_15145880.jpg

「ノイシュヴァンシュタイン城」正門。

f0178112_1515286.jpg

「ノイシュヴァンシュタイン城」中庭。

f0178112_15152361.jpg

外壁の壁画。

f0178112_15153544.jpg

城から「マリエン橋」をみたところ。

f0178112_15155086.jpg

城の窓からの景色。
アルプ湖が見えます。
恐ろしいほど絢爛豪華な内部は撮影禁止でした。

昨日見た「ヴィース教会」は、信仰の為に造られた神聖な場所という印象が強かったのですが、
「ノイシュヴァンシュタイン城」は人間の欲深さを思い知らされるような印象を受けました。
「ベルサイユ宮殿」を見学した時も、
「そりゃあ、こんなことをやれば民衆が怒ってギロチンにされても仕方がないわ。」
と思いましたが、このお城も中を見た後でなんだか寂しくなりました。
綺麗なお城は遠くから眺めるのが一番ですね。

f0178112_1516054.jpg

お城の前の展望台からの眺め。

f0178112_15161649.jpg

湖と美しい田園風景が広がっていました。

f0178112_15162420.jpg

最後に正面からの写真を撮りました。
レンズフードを付けていなかったので、光が乱反射してしまいました^^;

f0178112_15164354.jpg

山の中腹のレストランで昼食を頂きました。
「レバークヌーデルズッペ(レバー入り巨大肉団子のスープ)」と…

f0178112_1517393.jpg

ミュンヘンビール。
美味しかった~^^

f0178112_15171017.jpg

「マウルタッシェ(ドイツの分厚い餃子みたいなもの)」。

f0178112_15172450.jpg

帰りは徒歩で下りました。
途中で馬車が上ってきました。


麓でお土産を買って、ミュンヘン空港へ。
もうすぐ帰途に付きます。



人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

↑ ランキングに参加しています。よろしければ応援のクリックをお願いします。
[PR]

by jirojirohirohiro | 2011-11-24 17:30 | Travel | by Jirohiro


<< ドイツ旅行記 5日目 後半       ドイツ旅行記 7日目 >>