2012年 04月 05日
アメリカ旅行記  6日目
f0178112_157645.jpg

今日は「グランド・キャニオン」の朝日を見に行きます。
天候に恵まれて、期待が高まります^^
昨日と同じ、サウスリムの「マーサ・ポイント」からの眺めです。
「マーサ・ポイント」の東側の崖の「ヤキ・ポイント」辺りが、
赤く焼けてきました。

f0178112_1572932.jpg

素晴らしいご来光!!
昨日の夕方沈んでいった太陽が、
再びこうしてまた昇るんだなあと思うと感無量でした!!

f0178112_1575578.jpg

朝日に照らされるグランドキャニオンは、夕日の時とは反対側に影ができます。
昨日と同じ場所でも、また違った雰囲気を見ることができます。
日が昇るにつれて、グランド・キャニオンの色が変わっていくそうなのですが、
ご来光に気を取られて、すっかり昇りきるまで気が付きませんでした^^;


朝日鑑賞の後、朝食をとって再びグランドキャニオンに戻りました。
午前中は、「ブライト・エンジェル・ロッジ」付近を散策しました。

f0178112_1582073.jpg

「ホピ・ハウス」。
ホピ族の住居を復元して1905年に建てられました。
素朴な煉瓦造りの素敵な建物で、不思議なことに入り口の扉は
子供の身長ほどしかありませんでした。
ホピ族は、背の低い民族だったのでしょうか?
建物の中はギフトショップになっています。

f0178112_1584765.jpg

こちらは「エルトバ・ホテル」。

「グランドキャニオン国立公園」内にある6つの宿泊施設の中では、
最も格式の高いリゾートホテルです。
クリントン大統領や昭和天皇も宿泊したそうです。

壮大な「グランド・キャニオン」に別れを告げて、
3日目に宿泊した「ウィリアムズ」まで戻ってきました。

f0178112_159457.jpg

「ウィリアムズ」から「グランドキャニオン」までは、
「グランド・キャニオン鉄道」が運行しています。
もともとは鉱物を運ぶために作られた鉄道ですが、1901年に旅客用として開通しました。
1968年に自動車の普及によって一旦は運行停止していたそうですが、
1989年から再び運行したそうです。

f0178112_1592924.jpg

山奥へと続く山岳鉄道の線路が見えました。
「ウィリアムズ」は「グランドキャニオン鉄道」で有名な観光地ですが、
コロラド高原の四季を楽しめる避暑地としても人気なようです^^
雰囲気の良い町でした。


「ウイリアムズ」で昼食を取った後、バスで「ラスベガス」に向かいました。

f0178112_1594985.jpg

途中で、「セリグマン」という小さな町に寄りました。
昔の大陸横断道路として有名な「ルート66(旧国道66号線)」が通っている町です。

「ルート66」は、イリノイ州の「シカゴ」とカリフォルニア州の「サンタモニカ」を結んでいました。
1985年にハイウエイ(州間高速道路)の発達によりその役目を終えて、廃線となりました。

ディズニーピクサー映画の「カーズ」の舞台に使われたことでも有名です。

f0178112_15101274.jpg

「セリグマン」には、「ルート66」の保存運動を積極的に推進した人が経営する理髪店がありました。
「看板おじさん」こと、Angelさんの理髪店です。

f0178112_15102552.jpg

中は理髪店とギフトショップが併設されています。
店内には、古き良きアメリカを思わせるグッズが沢山飾ってありました^^

f0178112_15104764.jpg

娘1とAngelさん。
沢山の有名人の髪を切ってきた方です。
今年83歳とのことですが、現在も現役でいらっしゃるそうです。
とてもお元気そうでした^^

f0178112_15114555.jpg

「ラスベガス」に向かう途中のガソリンスタンドに、「ジョシュア」という植物がありました。
この地方で良く見かけるユリ科の植物です。
砂漠地帯で生きるため、根に大量の水を貯える特徴があるのだとか。
日本では見ることのできない不思議な植物です。

f0178112_1512990.jpg

車窓から一瞬見えた、「フーバーダム」。
1935年(昭和10年)に完成した、当時世界最大のダムです。
アリゾナ州とネヴァダ州の州境に位置しており、
ここで発電した電力は、カリフォルニア州や、アリゾナ州や、
カジノで世界的に有名なネバダ州のラスベガス(ダムの北西48km)などに供給されています。

f0178112_15123037.jpg

フーバーダムの人造湖である「レイクミード」。
アメリカ合衆国最大の人造湖で、貯水量ははなんと400億トンだそうです。
日本最大の琵琶湖の貯水量が280億トンなので、琵琶湖の約1.5倍の人造湖です!!

f0178112_15125523.jpg

「ラスベガス」に到着しました!!
こちらのホテルは「ミラージュ」です。
通りに面したエントランスの滝は、夜になると火山の噴火ショーが行われます。
私たちは噴火ショーは見ませんでしたが、見た方に聞くと、
「通りの反対側まで熱くなる程の巨大な爆発で凄かった!!」そうです^^

f0178112_15131419.jpg

こちらは、古代ローマ帝国をテーマに造られた「シーザースパレス」。
映画「レインマン」の舞台となった老舗のホテルです。
客室数は約3500室だそうです!!

f0178112_15132930.jpg

こちらのホテルは、噴水ショーで有名な「ベラージオ」です。
ラスベガスではとても人気の高いホテルだそうです。
夜、こちらのホテルの噴水ショーを見に行きました。
客室は4000室超だそうです。
北イタリアのコモ湖畔をテーマに造られたそうで、
「ベラージオ」はコモ湖畔にある町の名をとって付けられたのだとか。

f0178112_15134615.jpg

「ベラージオ」では、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の代表的なショーの一つである
「O(オー)」が公演されています。
「シルク・ドゥ・ソレイユ」のショーは、水をテーマにした「ベラージオ」の「O」と、
火をテーマにした「MGMグランド」ホテルの「KA」が人気です。
私達は「KA」の方を見に行きました。
今回の旅行の目玉の一つです^^

f0178112_1514562.jpg

「ニューヨークニューヨーク」ホテルの正面には、
「自由の女神」の3分の1サイズのレプリカが置かれていました。
ホテルには遊園地も併設されていて、
なんとホテルの中にジェットコースターが通っています\(◎o◎)/!

f0178112_15142225.jpg

私達は、「ラクソー」というピラミッドの形をしたホテルに泊まりました。
客室数は約4500室です!!
ピラミッド本館ではなく、新館のタワーの方に泊まりました。

f0178112_15144035.jpg

本館のピラミッドの内部には柱が1本もなく、
1階から 30階!!まですべて吹き抜けの広大な空間になっています。
外側の斜めの壁部分が客室で、エレベーターもピラミッドの斜めの稜線に沿って、
斜め昇降エレベーターが作られています。
広大な吹き抜けの中に、カジノやショーシアター等の様々な施設が入っています。

f0178112_1515185.jpg

「ラクソー」の正面玄関には、巨大なスフィンクスがありました。
ホテルのピラミッドの頂点から、青い「ピラミッドパワービーム」が天に向けて発しています。
このレーザービームの強さは世界一だそうで、
サンフランシスコや人工衛星からも見えるそうです。
日本人にはとても考えつかない奇抜なアイデア?ですね(笑)

f0178112_15152342.jpg

夜になりました。
いよいよ「ラスベガス」が動き出します^^
まずは「ベラージオ」の噴水ショーを見に行きました。

f0178112_15153935.jpg

ゆっくり1時間ほど歩いて、「ベラージオ」に着きました。
画像は「ベラージオ」の向かいのホテル「パリス」です。
凱旋門やエッフェル塔など、パリの街並みを再現しています。

f0178112_1515572.jpg

「ベラージオ」の夜景です。
ホテル正面の5万平方メートル!!の人口湖がホテルのライトアップを映しています。
これから噴水ショーが始まります。

f0178112_15161649.jpg

いよいよ始まりました!!
カンツォーネに合わせて、水が踊る様子がとてもロマンティックです。
いつまでも眺めていたくなるようなショーでした^^

f0178112_15163382.jpg

その後、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の「KA」のショーを観るために、
「MGMグランド」ホテルに向かいました。
客室は5000室あり、ホテルの敷地面積は世界最大です。
「MGM」のシンボルは、ハリウッド映画でお馴染みのライオンです。
画像右側のライオンは、全米最大のブロンズ像だそうです^^

f0178112_15165481.jpg

今回の旅行の目玉の一つである、「KA」のショーの看板(画像右下)。

夕食は、「MGMグランドバフェ」で食べました。
「ラクソー」のバフェよりも種類が豊富で、味も美味しかったです。
カジノの間を縫って「KA」のシアターまで行くのですが、
「MGMグランド」は世界最大と言うだけあり、広くて迷路のようでした。

「KA」は2004年から「シルク・ドゥ・ソレイユ」の常設ショーとして、
約200億円の製作費をかけて「MGMグランド」でオープンしました。

約2000席の座席は満席でしたが、嬉しいことにステージ中央の前から7番目という、
最高の席で観ることができました。
アクター達もすぐそこで、表情まで良く見えました。
お隣に白人の老夫婦が座りましたが、席を見つけるや否や私達に、
「Good seat!!」
と言ってニコニコしていました^^

前々から素晴らしいと聞いていたので期待していましたが、
想像を遥かに上回る迫力とパフォーマンスで最高のショーでした!!
バトントワラーで数々の世界記録を持つ日本人の高橋典子さんが、
唯一のソロで演技をしています。
世界の舞台で日本人の女性が(しかも、唯一のソロとして)活躍している姿は、
とても輝かしかったです。
終わった後もスタンディングオベーションが鳴り止まず、
世界各国の人達が、
「素晴らしかった!!」
と口々に褒めているのを聞きながら、
劇場を後にしました^^

またラスベガスへ行く機会があれば、是非もう一度観たいショーです。


夜中の1時頃にホテルの部屋に戻って、ビールで乾杯しました^^
「もう1日ラスベガスで過ごしたいね。」
と話しながら眠りにつきました。


いよいよ明日は観光の最終日です。
あっという間だなあ…




人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

↑ ランキングに参加しています。よろしければ応援のクリックをお願いします。
[PR]

by jirojirohirohiro | 2012-04-05 15:33 | Travel | by Jirohiro


<< アメリカ旅行記  5日目       アメリカ旅行記  7日目 >>